転職に挑戦するために活用しておきたいサービスや考え方

英語力という可能性

外資系に転職するにはまず英語力

外資系の企業に転職するときに、まず必要になるのは英語を使ったコミュニケーションのスキルです。片言の会話ができる程度の英語力では入れない会社がほとんどで、きちんとした意志のやり取りができることが求められます。TOEICの点数が目安になりますが最低でも600点台、望ましいのは700点以上になります。これよりさらに高い点数だったら、転職の時にさらに有利になります。TOEICの点数を上げて外資系に転職しようと思われる方もいらっしゃるでしょう。700点以上取るのは容易なことではないので、学校に通いつつ自分でも英語の勉強をすることが必要になります。ただし、TOEICの点数が高いだけでは外資系に転職できません。点数は重視されるのですが、英語を使ったコミュニケーションをできることが一番大切です。

英語力と実務経験が求められる

外資系に転職するにはまず英語力ですが、他の知識や経験も求められるので注意が必要になります。一番重視されるのは実務の経験であり、例えば英語を使った法人営業の経験といったものがあれば、採用のときに重視されます。言い換えれば、英語を使った仕事の経験があれば、有利になるのです。経験がない場合は英語を使ったコミュニケーションのスキルをアピールするようにしましょう。海外に滞在した経験や留学をした経験があれば、履歴書にそのことを記載して、面接の時に印象付けるようにしましょう。他に求められるのはマネージメントのスキルであり、自分から積極的に仕事の内容を決めて、それを決められた期間内にきちんと終わらせることが必要になります。

Copyright ©2015 転職に挑戦するために活用しておきたいサービスや考え方 All Rights Reserved.